menu

6月度定例会『自立を促すコーチング』(2017.06.20)

公開日:2017年06月29日 カテゴリー:新着情報, 活動報告 タグ:

経営や活動に必要な「自覚」や「自立」に繋がる講演会。

日 程:平成29年6月20日(火)
会 場:流山商工会館 3階大会議室
担 当:資質向上委員会
出席率:97.3%(会員 36/37名 オブザーバー 6名 事務局 1名)

講師に2011年にサッカーリーグJ1からJ2に降格したサッカーチーム「FC東京」をわずか1年でJ1リーグに昇格させたFC東京社長で、現東京ガス埼玉支社長であられる阿久根謙司氏をお招きし、
自立を促すコーチング
と題しました、経営や活動に必要な「自覚」や「自立」に繋がる講演を行なっていただきました。

 

講師紹介

元・FC東京 代表取締役社長
現在東京ガス埼玉支社長
阿久根 謙司

2010年のJ2降格直後にFC東京社長(東京フットボールクラブ株式会社)に就任。「自らが考え、自らが解決する」という”自立”をテーマにわずか1年でJ2優勝・J1復帰に至る組織に導いた。
一人一人の創造性・積極性・個性を引き出すいわゆる「コーチング」を徹底した阿久根流クラブマネジメントは、業界内はもちろん、業界の外においても注目が集まっている。

http://www.newstokyo.jp/index.php?id=463

 


阿久根先生による熱意溢れる講演

 

一人一人の創造性・積極性・個性を引き出す「コーチング」を用いた組織創りのお話は非常に内容が濃く、講演時間があっという間で、日々のYEG活動にも直結する具体的な事例がとても心にささりました。
また、「クローズドクエスチョン」「オープンクエスチョン」の実践ワークを行い、いかにして聞く耳を持ってもらえるか(自己分泌オートクライン)を引き出す練習を行いました。
たくさんの効果を感じることができる定例会でした。

 

「誰かがやってくれる」という雰囲気のチームは弱く、
勝利を得るためにはメンバーそれぞれの自立が必要となる。
成功のなぜを聞くことで強みを伸ばし、
自らが考えて行動することを促し
失敗の結果から弱点を埋めていくことにより、
いかにして成功に導くかを考えて実践できる
環境を与えることが
大切

 

これに学び「勝つYEG」になっていきます!
定例会を担当した、渡邊仁二委員長を始めとする資質向上委員会の積極的な声掛けにより、メンバーの参加率が97.3%と非常に高かった点も素晴らしい定例会でした。

 

今年度のテーマは「屯(たむろ)」。
流山で熱い仲間を探している方は是非一度定例会にオブザーバーとしてご参加ください。
皆様のご参加をお待ちしております!